チャンピオン

チャンピオン

Paladinsに登場する各チャンピオン(操作キャラクター)は4つの役割(ロール)で分類されている。
PaladinsはMOBA(Multiplayer Online Battle Arena)というジャンルであり、通常のただ撃ち合うだけのFPSではないため役割分担が重要となる。
また5人同士という少人数での戦闘となるため、各チャンピオン(操作キャラクター)の性能が際立っている。
しかし「いずれかのチャンピオン(の組み合わせ)が絶対的に強く戦況を支配する」ということはなく、
定番とされる「フロントライン1-2名、サポート1名、ダメージorフランク2-3名」という構成でも、
火力に全振りした「ダメージorフランク5名」という構成でも、ガチガチの「フロントライン3名、サポート2名」という構成でも、
腕前やプレイヤースキルによっては勝ちうるし、負けもする。

もちろん各チャンピオン間でもそれぞれに個性があり、フロントライン1つとっても「ガチガチの防御構成により防衛とキャリー維持に向く」キャラクターや
「大火力により敵を寄せ付けないことで特定地点を守る」キャラクター、「自己回復に長け粘り強い応戦で敵に余裕を与えない」キャラクターなどがいる。
このツリーで各チャンピオンとそのロールを把握し、各々の使いやすいキャラクターで勝利を掴もう。

なお、キャラクター未選択ではマッチが始まらない(not make a match selection)。

フロントライン

このロールは前線を維持し、チームメイトを保護する能力に優れている。
職業効果:キャリー確保・出現・運搬の際のクレジットが100%増加。

その名の通り前線を形成する。MOBA用語でtankとも呼ばれる。最大ヘルスが高く、さらに各員1つはシールドスキルを持つのが特徴。
多くの場合シールドは生きている限り何度も展開できる上、展開中にヘルスを回復することで大変タフになれる。
こうした性質によりキャリー出現、及びキャリーを敵の拠点に叩き込む(キャリーオン)時の要となる存在。

ただし火力は最低クラスであり、つまりダメージとまともに撃ち合ったら多くの場合ねじ伏せられてしまう。
他のロール以上に「援護を受けられる環境を整え」「敵の猛撃からダメージとサポートを遮る」るのもフロントラインの役目であることを理解しよう。

ダメージ

このロールは一貫した大ダメージを与えることができる。
職業効果:与ダメージによるクレジット獲得量が100%増加。

その名の通り敵に大被害を与える。本作ではフロントライン同士での戦闘では(後述のサポートもいるため)決着がつきにくく、
ダメージがフロントラインやサポートに被害を与え、またはフランクからサポートを守るのが役目となる。

火力もそうだがAIMがモノを言う、フランクの次に(あるいはフランクよりも)実力が要求されるロールであり、
生半可なAIM力だとより優れている敵ダメージが味方ダメージやフランクを血祭りにあげたり、サポートの援護虚しくフロントラインが瓦解することがある。
敵ダメージが味方ダメージを倒した分だけ、敵は余勢をフロントラインやサポートに振り分けることができ、その分不利になってしまうことを理解しよう。

またダメージは大別して「ブラスト」「アサルト」「スナイパー」に大別でき、
ブラストは中遠距離でも与ダメージが低下しないが弾速がやや遅いロケット弾や手投げ弾を使い、
アサルトは連射力の高い銃で瞬間的な与ダメージが高いが中遠距離で威力が減衰するサブマシンガンやアサルトライフルを使い、
スナイパーは癖が強く敵の強襲に弱いものの距離で威力が減衰せず非常に高い火力を持つスナイパーライフルを使うという特徴がある。

サポート

このロールは攻撃・防御において幅広い能力を有する。
職業効果:味方への(回復量が0でない)与回復によるクレジット獲得量が100%増加。与回復でUltimateチャージを獲得できる。

文字通り味方をサポートする役割。どのチャンピオンも必ず回復スキルを持つことから、MOBAの例に習ってhealerとも呼ばれる。
役割としてはもちろんフロントラインを回復して前線を保持し、ダメージやフランクを回復しての攻勢を維持させ、以って戦局を優位に進めることだが、
割と火力が高いサポートが多い。このため回復しつつ片手間に敵フロントラインを掣肘したり、強襲してくるフランクを自己回復しつつ退けることも可能になる。
またチャンピオンによっては特定の味方に移動速度向上や火力強化などの効果を付与でき、サポートに徹することも可能。

もちろん敵もただ黙って回復するのを見ているはずがなく、ダメージや後述のフランクがこちらを狙って強襲したりする。
撃つそばから回復されて千日手になるのを防ぐため、敵は必ずサポートから殴ってくるものと心得て、特に前線に不用意に躍り出ることがないようにしたい。
(ただしこちらが優位だとキャリーが出現する前からフロントラインが前線を押し上げることがある。この場合サポートがキャリーに留まることを期待されているため操作難易度が激増する。)

フランク

このロールは追撃と不意打ちを得意とする。
職業効果:敵にとどめを差した際のクレジット獲得量が30%増加。

flankとは側面という意味であり、つまり側面から脆弱な敵を不意打ちする役目である。もちろんこの場合の脆弱な敵とはダメージやサポートである。
フランクはだいたいが透明化アビリティや移動アビリティを持っており、それでもって前線を迂回して背後に忍び寄り、
これらを首尾よく始末することで他三職が敵を駆逐し、戦闘を優位に運ぶのが目的となる。

逆に言えば「フランクがダメージやサポートを倒し」「その結果こちらのチャンピオンが敵フロントラインを倒し」「前線を押し上げる」ことで勝利に寄与するため、
本人が脆弱なフランクが1人も殺さずに駆逐されると、逆に4vs5でこちらが不利になるという結果が待っている。
またフランクはその性質上サポートからの回復を受けにくいため、脳筋やトリガーハッピーではフランクは務まらない。
このためフランクは他の職以上に戦局の見極めや敵の防御の甘さを見分ける必要があり、極端な話1人で2人殺して4vs3に持っていかないと戦局が有利にならないという難しい職でもある。
フランクをやりたいと願うならば、とにかく裏に回り込んでサポートを殺害し、あるいはダメージを追い回して攻撃の手を休ませる必要が有ることに留意されたい。

また敵がフランクを採用した場合、その対策として味方フランクに対処を任されることもある。

  • 最終更新:2017-09-04 07:26:52

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード