攻略

立ち回り

リスクとリターン、有利不利を意識する

簡単に言えば、「死ぬな」「味方を死なせるな」ということである。
自分や味方が死ぬほど、チームがどんどん不利になって敗色濃厚になる。

味方と一緒に行動していれば自分が死ぬリスクは低いし、味方が死ぬリスクも低いし、敵を倒せる可能性(リターン)も高い。

逆に単独行動時は、「1対多」の状況になる可能性が高いため、自分が死ぬリスクは高い。
しかし単独行動のフランクは、敵の死角を突いた不意打ちで敵のサポートやスナイパーなどを倒せる可能性(リターン)もあるため、ハイリスクハイリターンである。

なるべくリスクの高い状況を避け、なるべくリターンの高い行動を取ることで、勝利が近づくだろう。


交戦時の人数差を意識する

「1人 対 2人」の状況なら2人の方が勝つ。
たとえフロントラインでも、1対多の状況では一瞬で死ぬ。
このゲームでは数は絶対的な力であり、人数差で不利な状況をキャラ性能や実力でカバーするのは限界がある。

だからこそ、なるべくチームの生存人数を減らさないように戦うことが重要となる。


早めに撤退する

例えばシージで、周りの味方が死んで自分だけが生き残ってしまい「多勢に無勢」の状況では、すぐに一旦退いて、復活した味方と合流し、体制を立て直した方が良い。

敵との交戦中に自分のヘルスが減ってきて敵に勝てなさそうなら、無理せず早めに逃げてヘルスを回復した方が良い。
逃げる際は、なるべく味方と合流した方が安全。
ただし瀕死になってから逃げ始めるのでは間に合わないことが多いので、「危なくなったら撤退する」のではなく、「危なくなりそうなら早めに撤退する」ことを心がけると良い。


味方を助ける

単独行動中の味方のヘルスゲージが減少し始めたら、その味方が敵に攻撃されているということなので、できればすぐに何らかの方法でその味方を助けると良い。
時には自分の体を盾にして味方を守った方が良いこともある。特にフロントラインは味方を守りやすい。

ただし味方を助けに向かうと、自分が今まで居た場所の守りが薄くなったり、助けが間に合わず味方が死んで、助けに向かった自分も1対多の状況で殺されて…という展開に陥るリスクもある。
時にはあえて味方を見殺しにした方が良いこともあるので臨機応変に。


味方が死んだ場所に注意する

あるルート上にいる味方が死ぬと、そのルートから敵が進攻してくる可能性が高いので警戒しておく。


周りの音に注意する

足音や発砲音など、音で周囲の状況を把握できるので、良いサウンドカードやヘッドホン推奨。
気になるならBGMOFFで。


敵の数を減らしてからキャプチャーする

シージの各ラウンド序盤はキャプチャーポイントの取り合いになるわけだが、すぐにフロントラインがキャプチャーに向かっても、周りの敵から蜂の巣にされる可能性がある。
たとえキャプチャーポイントの辺りにそのフロントライン一人しかいなかったとしても、他の場所では味方が実質フロントライン抜きで、また「少数 対 多数」で戦っている可能性が高いため、味方がどんどん殺されて、最後にはそのフロントラインも殺される可能性が高い。

よってシージの各ラウンド序盤は、キャプチャーを取ることよりも、敵の数を減らすことを最優先にするのが基本となる。


高所を獲る

攻撃しやすく逃げやすい。


攻撃は最大の防御

WreckerやCauterizeの効果の高さを見ても
攻撃が重要になる。



編成・ロードアウト

カードの性能と定番のロードアウトについて

各チャンピオンごとに、ほぼ必須級のカードもあれば、ほぼ使われないカードもある。
「IMPORT」ボタンを押せば、上位プレイヤーのロードアウトを検索したりコピーすることができるので、他のプレイヤーがどのカードを採用しているのか、どんなロードアウトを組んでいるかなどを参考にすると良いだろう。


ビルドを複数作っておく。

敵味方の構成やマップに応じて、相性が良く有利なビルドやタレントを使うと良い。
三つは作れるハズ。
CC耐性を高めるカードを持っているチャンピオンの場合、CC耐性重視のロードアウトを一つは作っておきたい。


チャンプの相性を把握する。

敵味方によって相性の良い者悪い者がいる。
なるべく相性が良く有利に戦いやすい敵と戦い、相性の良い味方と一緒に行動すると良い。
ロードアウトやタレント次第で抵抗する事は可能。


特徴の偏ったチームは避ける

青Item一種類で簡単に対策されたりすると負けは目前。



その他

楽しみでプレイする

好きこそ物の上手なれ。

負けても味方を罵らない、罵られても反応しない

気持ちよくゲームをプレイするために。

  • 最終更新:2018-08-27 16:44:35

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード